ITは生活において必須になっています

生活の中にITというものが、ここまで浸透するようになると予想した人もいると思います。でもこれからの世の中のことはあくまでも予想であって、どのような生活になるのかということは分からないことです。

実際にITというものがとても大切な存在になってきているということは事実です。生活において、学問の世界において、なくてはならないものになってきていると思います。以前の生活でしたらITがなくても全然平気だと思っていたようなこともあるかもしれません。
でも一度ITの便利さを知ってしまうと、もうIT無しでは生活が出来ないというように感じる人もいるのではないでしょうか。それくらいにITというものが生活に影響をしているということは事実だと思います。

でも良い影響だけとは限らないかもしれません。それによって視力が下がってしまったというような人もいれば、部屋から出ないようになってしまったというような人もいるかもしれません。実際に物事というのは、良い面と悪い面がどうしてもあるものではないでしょうか。

良い面ばかりが目立っている場合もあり、悪い面ばかり目立つということもあります。ITにおいては良い面の方が目立っているように感じます。しかし悪い面というものもおそらくあるでしょう。

そういった中でその悪い面を少しでも改善出来るような、そんな開発がなされれば良いのにと思います。先に進むことはもちろん大切なことですが、悪い面においてそのままにしておくということは、あまり望ましいことではないように思われます。

Leave a Reply