IT企業の倍率は以前よりも低くなっていると思います

IT業界で働きたいという人は多いと思います。でも以前でしたらIT関連の企業が少なかったため、倍率は相当なものだったと思いますが、最近では企業が増えたので、以前ほど倍率は高くないかもしれません。

でもある程度有名な企業であったり、人気が高いというようなIT企業に関しては変わらずに倍率が高いということもあるかもしれません。そういった企業に入りたいということであれば、何か人よりも秀でたものを持っているということが必要になるかもしれません。

それは技術や知識、スキルかもしれませんが、それだけでは目立たないというようなことがあるかもしれません。その人の人間性というものに魅力を感じるような、そんな人物が求められる時代かもしれません。

人を笑わせる才能があるということでもいいですが、そういう場合でしたら営業職として向くかもしれません。でも実際には営業も出来て技術力もある、オールマイティな人間が求められていますので、技術力だけではなくて人間的に魅力のある人物というものが必要とされるかもしれません。

そういう人でしたら、逆に企業の方から倍率が高くなるというようなこともあるのではないでしょうか。どこで面接を受けても一発で採用されるというようなタイプの人もいるかもしれません。

でもなかなかそこまでの人物にはなれないという人が多いかもしれませんので、技術を磨いたり、スキルアップをさせたりするように努力するという人が多いのかもしれません。

Leave a Reply